Daily Gallery?~朝の鳥見、午後の鳥見

2019年を振り返る10枚プラス1

2019年も今日、明日を残すだけ。身近な生き物ばかり撮っているので、毎年一つは新しい被写体だったり、撮影方法だったりに挑戦しようと思っている。今年はどうだったかと振り返れば・・・

190208aobato03.jpg

水辺の自動カメラに初めて写ったアオバト。今年は他にオオコノハズクの後ろ姿が写った。

190314nihonakagaeru.jpg

名古屋裏山にてニホンアカガエルのハッチアウト。アカガエルの観察は名古屋が初めて。

190417kamosika.jpg

愛知の山のカモシカ。出張途上で見逃してしまったカモシカにお山で遭遇。

190526bluegill02.jpg

ニュータウンの川底にブルーギルの巣を発見。巣を守る雄を長い棒で遠隔撮影していたらユーチューバーと間違われた。

190531-0601himebotaru2.jpg

名古屋のヒメボタル。ヒメボタル撮影は人生初だった。夢のような光景。

190707kasinonagakikuimusi04.jpg

カシノナガキクイムシ成虫。毎夏猛威をふるいナラ枯れをもたらすカシナガ。今年、ようやく爪の先ほどの大きさの虫をカメラで捉えた。

190725aobazuku08.jpg

名古屋通勤観察からアオバズクの巣立ち雛。今年、通勤観察を始めたのはアオバズクがいたから。巣立ちの場面を観察できたのは思い出深い。

190901inosisi.jpg

Nさん裏山ウリ坊ズ。警戒心が強くてなかなか撮れないイノシシ。臨時で仕掛けたカメラがようやくウリ坊を捉えた。

190909tubame03.jpg

名古屋ツバメねぐら観察から。恥ずかしながら、ツバメのねぐらを見たのは名古屋が初めて。万を超えるツバメが舞う様は圧巻だった。

191006sasiba09.jpg

伊良湖岬のサシバの渡り。何十年かぶりの伊良湖行きは、今シーズンのピークの日で大当たり。久しぶりにタカ渡り観察を堪能した。

191123fukurou.jpg

番外の1枚はトレイル4号に写ったフクロウ(動画から切り出し)。声はする、影も見た、でも映像にはできなかったフクロウがついに写ってくれた。夢はかなうことがあるんだと思った出来事。

これ以外にも、コジュケイの求愛給餌観察や、タヌキーズの子育て観察、通勤途上の壁マイマイ&壁蛾観察など、2019年は面白いことが沢山あった。2020年もいろんな生き物に出会えますように。

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/12/30(月) 11:11:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「写真展 ニュータウンの森のなかまたち」 明日6/4から!



関係者の皆様の多大なるご協力を得て、本日、写真展会場の設営が完了いたしました。明日からいよいよ始まります!会場は兵庫県立 人と自然の博物館に入館してすぐの3Fオープンギャラリーです。80点の写真と面白動画が皆様のご来場をお待ちしております。

写真展「ニュータウンの森のなかまたち」
http://www.hitohaku.jp/exhibition/planning/newtown.html

1.開催期間:平成28年6月4日(土)~7月3日(日)
      10時~17時(入館16時30分まで)、月曜休館
2.会場:兵庫県立 人と自然の博物館 3Fオープンギャラリー
    〒669-1546 兵庫県三田市弥生が丘6丁目
    TEL:079-559-2001(代表)
    URL:http://www.hitohaku.jp/
3.入館料:(個人)大人210円、中学生以下無料
     詳細はこちら。http://www.hitohaku.jp/infomation/guide.html
4.内 容:(ひとはくホームページから引用)
 北摂三田ウッディタウンの玄関口に位置する中央公園一帯は、ニュータウン開発前、 里山として利用されていました。住宅地に囲まれ、面積も縮小してしまった里山環境に、 どんな生きものがどのような生活を送っているのでしょうか?
 作者であるごもくやさんの生き物撮影係中田一真氏は、中央公園の森を中心に里山管理 に取り組むボランティアグループとして、約6年に亘り中央公園の動植物の姿を、自動撮影装置などを駆使して写真に収め続けてきました。中央公園の里山で進む森の手入れと、続々と姿を現す生き物たち。ニュータウンの森のなかまたちの「今」を美しい写真パネルの数々で紹介します。

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/06/03(金) 21:16:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真展「ニュータウンの森のなかまたち」開催(H28.6.4-7.3 兵庫県立 人と自然の博物館)



6月4日から始まる写真展の準備、ようやく峠を越えました(上の写真はキャプション作成風景)。あとは設営を待つばかりです。今回はA1パネル19枚、A3ノビ額1枚に80点の作品を散りばめました。自然観察会でご覧頂いている動画も上映します。どうぞお立ち寄り下さい。

写真展「ニュータウンの森のなかまたち」
http://www.hitohaku.jp/exhibition/planning/newtown.html

1.開催期間:平成28年6月4日(土)~7月3日(日)
      10時~17時(入館16時30分まで)、月曜休館
2.会場:兵庫県立 人と自然の博物館 3Fオープンギャラリー
    〒669-1546 兵庫県三田市弥生が丘6丁目
    TEL:079-559-2001(代表)
    URL:http://www.hitohaku.jp/
3.入館料:(個人)大人210円、中学生以下無料
     詳細はこちら。http://www.hitohaku.jp/infomation/guide.html
4.内 容:(ひとはくホームページから引用)
 北摂三田ウッディタウンの玄関口に位置する中央公園一帯は、ニュータウン開発前、 里山として利用されていました。住宅地に囲まれ、面積も縮小してしまった里山環境に、 どんな生きものがどのような生活を送っているのでしょうか?
 作者であるごもくやさんの生き物撮影係中田一真氏は、中央公園の森を中心に里山管理 に取り組むボランティアグループとして、約6年に亘り中央公園の動植物の姿を、自動撮影装置などを駆使して写真に収め続けてきました。中央公園の里山で進む森の手入れと、続々と姿を現す生き物たち。ニュータウンの森のなかまたちの「今」を美しい写真パネルの数々で紹介します。

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/06/03(金) 17:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これは何でしょう?



130210kinokosp02_filtered.jpg

倒木が何かよく分からないもので埋め尽くされようとしていた。なんだ、これは?キノコ?粘菌?ご存知の方、ご教示下さい。

(D7000 TAMRON90mmF2.8 撮影:2013年2月10日)

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/02/22(金) 21:13:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

kazuma-n

Author:kazuma-n
朝が苦手な私です。ノルマを課さなきゃ起きられない。そんなわけで「午後の鳥見」脱却を目指して「朝の鳥見」ブログ開設です!・・・と勢いよくブログを作ったのに、後が続きませんでした(;;)。朝も夕も在庫の写真も、全部ここでご覧下さい。
なお、ホームページ本体はこちら!
http://www.asahi-net.or.jp/~jx7k-nkt


最近の記事

最近のコメント

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2020年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する