Daily Gallery?~朝の鳥見、午後の鳥見

君の名は7



黄昏の用水路で金色に輝く魚体を発見。川底を這うように泳いでいるあなたは誰?







 なんとかの一つ覚えのように、週末の夕刻になれば巡回している近所の田んぼ。その田んぼの真ん中を流れるコンクリート張りの元・小川は、あちこちの田に水を取られたためか、濁って水かさを減らしていた。その川面に時折ウネウネ動く魚体が見える。遠目には大きな鯉に見えたので、気にも留めず通過しようとしたとき、横目で見た姿は鯉とは異なる印象だった。とりあえずカメラを手にとって車を降りる。体長50~60センチはありそうな魚が何尾も浅瀬に乗り上げ、魚体の大半を空気にさらしていた。望遠レンズの先に見えた魚は立派なヒゲを生やしている。ナマズだ。大きなナマズと小さなナマズが寄り添って、速度を上げたり落としたりしながら、川底を泳ぎ回っている。時折二尾が身体をからませるようにしていたのは、よくは見えなかったが、産卵の瞬間だったのかも知れない。前を泳ぐ大きい方が雌で、お腹の辺りに付き添っている小さい方が雄。雄が雌のお腹を刺激しながら産卵を促していたと考えれば、二尾の行動が説明できる。
 写るか写らぬか、モニターの確認もしないまま、ひたすらシャッターを押し続ける。我が街を流れる川でナマズが暮らしているなんて、この目で見るまで想像さえしたことがなかった。身近な自然を侮ってはいけない。この街にはきっと知らない生き物がまだまだ潜んでいる。

(EOS5D EF300mmF4L/IS+EF1.4XⅡ 撮影:2007年6月10日)

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/20(水) 22:00:00|
  2. 魚類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ダイサギの飛翔 | ホーム | 水溜りの生と死>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://morningbird.blog.fc2.com/tb.php/571-fe88a1e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuma-n

Author:kazuma-n
朝が苦手な私です。ノルマを課さなきゃ起きられない。そんなわけで「午後の鳥見」脱却を目指して「朝の鳥見」ブログ開設です!・・・と勢いよくブログを作ったのに、後が続きませんでした(;;)。朝も夕も在庫の写真も、全部ここでご覧下さい。
なお、ホームページ本体はこちら!
http://www.asahi-net.or.jp/~jx7k-nkt


最近の記事

最近のコメント

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する